スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

るーさんからもらったキルギス帽の力は偉大である!

昨日、青春を語る会が催され、昔の友人、知人と会いました。


その席で、ブログを書いていることが、一人の友人にばれていて、

女性の記事は、相当大げさに、書いているでしょうと、言われました。

でも、実際にあったことは、書いてないか、

書いても、さらっと、流しています。


なぜなら、本当のことを書けば書くほど、

自分でも、そんなこと、ありえへん!と思うからです。



「GO->世界」のるーさんと中央アジアのウズベキスタンの、

タシケントのゲストハウスで、再・再会を果たした時、彼には、

これで僕の再会運も尽きた、

再会運は、女性用にとっておきたかったのに!!!

と言いましたが、

事実は、どうも逆のようです。


るーさんと、キルギスのビシュケクで再会し、別れる時、

キルギス帽を僕は、るーさんから、もらいました。


実は、あれから、ビシュケクから近くの山に、

このキルギス帽を持って、トレッキングに行ったとき、

山の中で、ビシュケク日本センターで、出会った日本人女性に再会しました。


その後、ウクライナ女性とも、10か月ぶりに再会出来ました。


更に、一緒にトレッキングに行ったベルギー人の若いカップルとは、

今度の旅でベルギーで再会します。

更に、一緒にビシュケクで食事をしたベルギー人男性も、

ベルギー人カップルとベルギーのどこかで偶然再会し、

僕を入れて、4人で食事をしようということになりました。


また、トレッキングに一緒に行った、フランス人女性とは、

フランスのトゥールーズで再会予定です。

このフランス人女性は、このキルギス帽を被って写真を撮りましたが、

年末に、日本に来る用事ができたため、

るーさんと同じく、日本での再・再会ということになりそうです。



キルギス帽をもらってから、いろんな人と再会できてます。

また、できそうです。

これは、るーさんの力ではなく、このキルギス帽の力によるものです。

恐るべし、キルギス帽です。

IMG_1663.jpg



るーさん, ありがとさんです。

ただで、いただいたキルギス帽ですが、

るーさんが、やっぱり欲しくなった時は、

一万円いただければ、お返しします(^o^)/


来年からは、僕の力で、いろんな人と、

再会してみます!



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

リアルタイムは、トウキョウなう!

10月2日、成田から旅立ち、
10月25日
に、ウクライナ・モルドバ・ルーマニア・ブルガリアと、
トルコのイスタンブール

の旅から戻ってきました。

これで65カ国になりました。

もうすぐ、パリへ出発です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

世界一周ブログランキングに参加していますので、
次の世界一周バナーのクリックを、
よろしくお願いしますm(_ _)m


スマホの方はPC版(PCビュー)に変換後クリック!

 ↓ ↓ ↓ ↓
  にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

ポイントがアップするのは、
一日につき、1回だけです。


☆☆クリックすると、
僕以外の世界一周旅行者のブログで、
僕とまったく違った、
役に立つ旅情報や宿情報、そして、
素敵な記事や写真が見られます☆☆


スポンサーサイト

それぞれの旅路。僕はフォアグラじゃない!

今日、来年のカレンダーを買ってきた。
今年も、あっと言う間に終わりそうだ。

中国の成都で、僕に、FC2ブログのアプリをインストールしてくれた、
GO->世界のるーさんは、アメリカにいる。中断していたブログもまた、

頑張って書くようだ。

中国の成都から昆明まで一緒に旅行した、
僕の知らない世界の扉を開けにのえーぢさんは、

いま、ウクライナにいて、これから、ウクライナ美人を探すそうだ。

彼らは、ブログのタイトルに沿った旅を、今も元気に続けている。

えーぢさんのタイトルをまねしただけだった、僕も、
その旅は、なぜか、知らぬ間に、
ブログのタイトルにちょっとだけ近づいてきた気がしている。

彼らと僕の違いは、彼らは日本の女性にもて?、
僕は外国の女性にもてる?ということだろうか。

僕と彼らに共通しているのは、みんな、女性にとって、
安全パイということだろう。

彼らが、それぞれ、個性的な旅を、意欲的にしているのをみて、
僕も、ちょっとだけ、チャレンジングな旅をしようと励まされる。


そうゆう姿を見て、今度の旅で、一番苦手な、
人の家に泊まるという、初体験な旅をしてみようと決意した。

ベルギーとフランスの友達は、みんなそこで生活しているので、
日程調整が大変だ。英文メールのやり取りを続けている。

英語をしゃべるのは、なぜか、楽にできるようになったが、
逆に、書くのは、つらくなっている。

さらには、えーぢさんと、パリで再会しようと、約束したので、
さらに、日程的な制約ができてしまう。

日程調整も大変なのに、予想外だったのは、
みんな、この僕に注文をつけてくる。


当然ながら、えーぢさんの注文が一番後回しで、
これから、味噌とお茶づけを、買わなければならない。



ウクライナでデートしたまでは、ちょっと自慢気だった僕も、
平静に戻って、来年以降のことを考えると少し気が重くなってきた。

来年のカレンダーには、どんな予定を書けばいいのだろう。



外国で知りあった女性たちと再会しようとすると、
大変なことに気がついた。


面白い旅にはなると思うが、

ロシアのサンクト・ペテルブルグ。

中国のハルピンに上海。

台湾の台北。

中央アジアのブカラ。

南アフリカのダーバン。

ポーランドで3番目に大きい都市。
(都市名は良く聞き取れなかった!)

ネパールのポカラ。

オーストラリアのキャンベラ。

クロアチアのザグレブ。

ベネズエラ。

ブラジル。

ジャマイカ。

USA 。

パキスタン。



ウクライナの彼女にも、また、会いたいし......



これに、男性を含めると、もう訳がわからない。

僕をとおして、もっと深く日本のことを知りたい人が、
ほとんどだと思う。特に女性にその傾向が強い。



若い男性は、サッカーの関心が強いが、僕はサッカーには興味がない世代なので、
自然と女性と話す時間が多くなる。


日本に遊びにおいでと、誘ってはみたものの、
一番は経済的理由で、みんな、日本に来るのは難しいという。

僕にしても、いつまでもこんな旅を続けていたら、
東京に住み続けるのは困難だし、なにより肉体的、精神的にきつい。

身の上話を聞かされて、切なくなることも、増えてきた。


それで、来年はしばらく旅に出ないで、

中国、韓国には行くかもしれないが、

旅の予定を見直そう。



それはさておき、この出てきたお腹をなんとかしなければ。


きれいな景色、素敵な女性と一緒に撮った写真に、
僕のぽっこりお腹を見たときは、がっくりきてしまう。


なにより、今度の旅で、僕のお腹をさらに大きくしようと、
みんなが待ち構えている。

IMG_1528.jpg


僕は、フォアグラに、なりたくはありません!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

リアルタイムは、トウキョウなう!

10月2日、成田から旅立ち、
10月25日
に、ウクライナ・モルドバ・ルーマニア・ブルガリアと、
トルコのイスタンブール

の旅から戻ってきました。

ちょっと胸キュンとなる、
フーテンのたけさん、東欧純情編、的な旅でしたが、

いつか、文章力がついたとき、一眼レフで撮った写真とともに、
内緒で、まともな記事を書こうと思います。(たぶん、書かない!?)

これで65カ国になりました。

次は、フランス、オランダ、ベルギー、再会の旅だ。

日本での、再・再会もありうる旅となるかもしれません。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

世界一周ブログランキングに参加していますので、
次の世界一周バナーのクリックを、
よろしくお願いしますm(_ _)m


スマホの方はPC版(PCビュー)に変換後クリック!

 ↓ ↓ ↓ ↓
  にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

ポイントがアップするのは、
一日につき、1回だけです。


☆☆クリックすると、
僕以外の世界一周旅行者のブログで、
僕とまったく違った、
役に立つ旅情報や宿情報、そして、
素敵な記事や写真が見られます☆☆







僕は旅の達人である!?

僕は旅の達人である。

旅に出るたびに、何かに挑戦したくなる。


アライバル・ビザが必要な国に行くと、

セゾンのビザカードで入国してみたくなる。

これがダメだと、他のビザカードで切り抜けようとしてみたくなる。

今までうまくいったためしがない。

でも、男の人がふたりやってきて、僕をビザカウンターまで無理やり

連れて行ってくれる。



イスラエルの入出国審査が、厳しいという。

ウキウキして、3時間前に空港に行く。

審査に引っ掛かり、別室で取り調べて欲しいと思う。

マンツーマン英会話の絶好のチャンスである。

僕の番が来た。女性である。

何か質問が来る。

わからないふりして、

「私をきれいと思うか?」と言う質問ですか、と問い返し、

間髪をおかず、にこっとして、

「もちろん、そうです!!!」と言う。

誰か、別の上司らしき人のところに行って、

すぐ戻ってきて、行けという。

僕は、荷物を調べなくていいのか、と食い下がる。

いいから、行けという。



ロシア語圏は、悪徳警官が多いという。

僕は、それを確かめたくなる。

それで、警官に、「悪徳警官が多いと、ガイドブックに書いてあるけど、そうですか?」

と聞いてみる。

英語が通じず、未確認に終わってしまった。



僕は、地球の歩き方を参考にして、旅をしたことがない。

地図も持たないで、出かけることが多いので、よく自分がどこにいるのか、

わからなくなる。

たまに、自分が宿泊しているホステルの名前を忘れる。

「僕、どこに泊まっているか忘れました!」と言っても、

誰も助けてくれなかった。

でも、結局は何とかしている。



僕は、情報ノートを一度も、見たことがない。

ひたすら、ホステルにいる外国人に、聞きまくる。

おかげで、英語も、外国女性とデートできるまで、上達した。



カウチサーフィンは、抵抗感が強くて、まだできないが、

今度の旅では、ベルギーとフランスで、facebook友達の家に、

泊まることにした。



僕は、一人旅の最初に、3日間ずつ、ゲストハウス、ホステル、ホテルに

泊まってみた。ホステルのドミトリーが一番僕に会うことがわかった。

この最高の宿泊施設を、安宿と言ったりするのは、

不適切だと思う。

僕は、最高の宿泊施設と思って宿泊しているので、

たまの南京虫も無視できる。



僕はこうして成長し、

旅の達人になっていく........


無意味な記事を書いてしまったようだ........

冒険せず、人と違う旅をして、人と違う見方ができればいい.....

でも、ほんとは、僕は若い人のまねが大好きです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
リアルタイムは、トウキョウなう!

10月2日、成田から旅立ち、
10月25日
に、ウクライナ・モルドバ・ルーマニア・ブルガリアと、
トルコのイスタンブール

の旅から戻ってきました。

いつ、どこの国に行ったかは、
定かではありません。
証明する写真も、あまりありません。

記憶を頼りに、
トリップアドバイザーでチェックを入れると、
定かなのは、これで65カ国になりました。

次は、フランス、オランダ、ベルギー、再会の旅だ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

世界一周ブログランキングに参加していますので、
次の世界一周バナーのクリックを、
よろしくお願いしますm(_ _)m


スマホの方はPC版(PCビュー)に変換後クリック!

 ↓ ↓ ↓ ↓
  にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

ポイントがアップするのは、
一日につき、1回だけです。


☆☆クリックすると、
僕とまったく違った、
ほかの世界一周旅行者の、
素敵なブログが見られます☆☆




世界一周に”〇〇心”は不要である!?

今年は、僕にとって、まったく特別な年になりそうだ。

こういう記事は、ほんとうは書きたくないのだが、
もう二度と起こらないかもしれない思い出を、

記録として残しておきたい気持ちもあるので、
さらっと、書いておくことにしよう。



一番大きな出来事は、まだこうしてブログを書いていることだ。

世界一周ブロガーとの出会いでブログを始め、いまだにこうしてブログを書いているのは、
かれらがみんなそれぞれ、個性の持ち主だったからだろう。

Go->世界のるーさん、僕の知らない世界の扉を開けにのえーぢさん、
けーたさん、OGGYさんは現在も50位内にいるし、

りりーさんにも会っているし、

他の人たちも、みんな僕より素敵なブログを書いている。




次に大きな出来事は、素敵な外国女性との出会いだ。

そもそも、僕のような、超遅咲きの、よぼよぼバックパッカーに、
外国の若い女性が、声をかけてくれたり、食事にさそってくれたり、

別れ際に、連絡先を書いたメモを僕の手に、そっと握らせてくれたり、
今でも僕には、信じられないことが多かった。


るーさんやえーじさんなら、

単に、目の悪い外国女性に多く出会っただけ、

新たな逆ナンの手口だから、

僕に魅力があるわけじゃない、

誤解しないように、

と言うだろう。


味方は、旅空のなぎさんと、いのさんだけ、

場合によっては、りりーさんやみゅーさんも
味方してくれるかもしれない。


ウクライナでデートまでは、僕の心も晴れ晴れだった。


だが、その後がいけなかった。

モルドバ、キシナウのゲストハウスのドミトリーの一室。
宿泊客は、僕とアルメニアの30半ばの女性。

友人は、みんな結婚し、居つらくなったので、ヨーロッパの
ビザを取り、最終的にはカナダで働き、もうアルメニアには、

二度と戻らない覚悟だという。しかし、二十日以上待ってるが、
いつヨーロッパのビザが取れるかわからないのだ、と言う。


キシナウから、ルーマニアのブカレストに向かう列車のコンパートメント。
やはり、僕とたぶん40代の女性と二人きり。

モルドバ、とルーマニアの二つのパスポートを所持しているという。
自然と、そうなった身の上話を聞いてしまった。


ブルガリアのソフィアでは、ソフィアに住み、日本語を教えながら、
生活している若い日本女性にであった。


ブルガリアのヴェリコトゥルナバでは、観光していると、年配の男性が近づいてきて、
娘がどうしても、僕とのツーショット写真を撮りたいと言っているので、

そうしてもらえないか、と頼まれた。しぶしぶ、いいですよと言うと、
二十歳位のかわいい娘さんが、寄ってきて、僕の肩に手を回し、引き寄せた。

僕は、びっくりし、直立不動のまま、彼女のおとうさんに、写真を撮られた。


同じ日、ホステルのベランダでくつろいでいると、ポーランドの綺麗な女性が、
僕の横に座り、話しかけてきた。

僕は、変に思い、ホステルの中に、素敵な若い男性がいるじゃないですかと言った。
みんな、パソコンをいじっているからだめだ、と言う。

そして、ポーランドの私の町に来てほしいと、何度も頼まれた。
僕は、ポーランドは一度言ってるから、行かないと答えたら、

悲しそうな顔をしたので、しかたなくメアドの交換だけをした。
そうすると、僕の煮え切らない態度を見て、ボーイフレンドを、

連れてきて、ボーイフレンドに、僕がその町に来るようお願いしろと言う。
僕と、ボーイフレンドは、こまった顔を見合わせたが、結局、

僕は、来年行くからと、言わされてしまった。

僕がホステルを出る時は、どこからか彼女が走ってきて、
ほんとにうれしそうな顔で、僕の両手を握り、約束しましたよね、と言う。


そこから、イスタンブールに行き、サバサンドをおいしそうに食べる人達を見ながら、
今回の出来事や、中国、中央アジアで出会った女性たちを思い出していたら、

なぜか、年甲斐もなく、何十年かぶりに、胸が苦しくなってきた。


そんな時、なぜかわからないうちに、サバサンドを買い、
身だけを、生まれて初めて、食べてしまった。


なぜか、苦みだけが、後後まで、残った。


今年は、こんな旅があまりにも、多すぎる。


このまま、世界一周、南米の旅を続けていたら、
日本人は、うそつきだと、思われそうだ。


なにより、僕がうそ約束をしたときの、みんなの嬉しそうな笑顔が、
僕を胸キュンとさせる。

なんで僕なの、僕じゃないといけないの、
こんなよぼよぼよりも、もっと素敵な日本人の若者が、

いっぱい、いるでしょうと言いたい。
こんな高齢者のこころを痛めつけないでほしい。


僕は何にもしてないのに、なんでこうなるのだろう。


これが、グローバル・スタンダードなのだろうか?


僕は、この疑問と胸キュンを解決しないで、新たな旅を続けるのは
難しい精神状態にある。


ちょっと年寄をからかっただけよ!!

そう言って欲しい............


年寄でも、こんな気持ちなることが、わかってもらえたら..........


こんな出会いが今後も続くか続かないか、わからないが、
僕の、本音もよくわからない。



世界一周するなら、英語はわからない方が、いいのかもしれない......



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
リアルタイムは、トウキョウなう!

10月2日、成田から旅立ち、
10月25日
に、ウクライナ・モルドバ・ルーマニア・ブルガリアと、
トルコのイスタンブール

の旅から戻ってきました。

いつ、どこの国に行ったかは、
定かではありません。
証明する写真も、あまりありません。

記憶を頼りに、
トリップアドバイザーでチェックを入れると、
定かなのは、これで65カ国になりました。

次は、フランス、オランダ、ベルギー、再会の旅だ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

世界一周ブログランキングに参加していますので、
次の世界一周バナーのクリックを、
よろしくお願いしますm(_ _)m


スマホの方はPC版(PCビュー)に変換後クリック!

 ↓ ↓ ↓ ↓
  にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

ポイントがアップするのは、
一日につき、1回だけです。


☆☆クリックすると、
僕とまったく違った、
ほかの世界一周旅行者の、
素敵なブログが見られます☆☆


世界一周にサファリは不要である!?

リアルタイムは、トウキョウなう!

10月2日、成田から旅立ち、
10月25日
に、ウクライナ・モルドバ・ルーマニア・ブルガリアと、
トルコのイスタンブール

の旅から戻ってきました。

いつ、どこの国に行ったかは、
定かではありません。
証明する写真も、あまりありません。

記憶を頼りに、
トリップアドバイザーでチェックを入れると、
定かなのは、これで65カ国になりました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


去年までの僕には、
世界一周の旅という考えは、まったくなかった。

そのため、いつも次はどこの国にいくか決めるのが、
大変だった。

しかし、今年になって、たくさんの世界一周ブロガーに出会ったことで、
次に行く国を決めるのが、容易になった、と思った。

そして、来年の春、南米を旅して、終わりという考えにたどり着いた。
若干の、違和感を持って...


その考えが、今回の旅で少し変わった!!!


僕は、もともと、旅が好きなタイプの人間ではない。
旅に行くまでに、いろいろなことを、東京でする。

それを楽しむタイプの人間だ。

韓国に行く前に、ハングル語を韓流ドラマで覚えるとか。

世界一周ブロガーに会ったことで、MacBook Airを買ってみたり、
動画や、漫画やPDFファイルをHDDにコピーしてみたり、
ブログを初めてみたり。


しかし、実際の僕は、長期の旅はしないので、海外に持ち出すことは、
ないのですが......



僕は、来年、南米に行くことをあきらめた。

その前に、スペイン語の学習を東京で、数年かけて、目いっぱい楽しみたいのである。

そう考えることで、南米の違和感も解消された......かな?



英語があまり通じない国の旅は、ロシア、中央アジア、そして今回の旅で十分楽しんだ。


そんな僕にとって、サファリに行くとしたら、
東京で、そのために、何をしたら、何を楽しめばいいのか、わからない。

やっぱり、魚のサバが好きになれないように、サファリはどうしても好きになれない。

IMG_1611.jpg
サバさん、たびたび、ごめんなさい!!

そんなこんなで、短期、中期の旅を繰り返すことで、
結果的に、旅のリスクが分散し、大きな被害がないのだと思う。


たまたま、日本人以外の方と、移動する機会が多く、リスクマネージメント的発想も、
自然と学ぶことができた。


世界一周と南米とアフリカを一度に旅することは、リスクが大きいと、
僕は思う。

しかも、英語が得意でない、長期の旅だから、日本人宿、安宿、では、
それこそ、あまりにもリスクが集中しすぎだと思う。


どこが、どれだけ危険かは、事前に分かるわけだから、
お金よりも、安全を優先し、起こりうることをすべて予測し、

その後、その対応策を事前にとっておくべきだ。

安全は、運命にまかせてはいけない!!

最善を尽くして、最悪に備えて欲しい。


僕を含め、僕が出会った、世界一周ブロガーの多くが、

何らかの被害に会っている現実がある。

注意だけでは、被害から避けられない現実がある。

日本人的甘えを捨てきれない現実がある。




これが最後の旅と考えるのではなく、

これが楽しい旅の始まりと思える旅を続けて欲しい。


いくつになっても、

運命に導かれているのかも!?、

恋の扉が開くかも!?、

と思える旅ができるのだから...




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

世界一周ブログランキングに参加していますので、
次の世界一周バナーのクリックを、
よろしくお願いしますm(_ _)m


スマホの方はPC版(PCビュー)に変換後クリック!

 ↓ ↓ ↓ ↓
  にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

ポイントがアップするのは、
一日につき、1回だけです。


☆☆クリックすると、
僕とまったく違った、
ほかの世界一周旅行者の、
素敵なブログが見られます☆☆


プロフィール

 たけ

Author: たけ
タオル、焼き鳥、ゆるキャラ”バリーさん”の今治生まれ。2010年に韓国ドラマにはまり、チェコのプラハにひとり旅。中国女性とドラマのような旅を経験し、それ以来、いったりきたりの、海外ひとり旅。テニスが好き、YUI, SUPERFLY, K-POPが好き。最近は福原美穂をよく聴く、おっちょこちょいの万年青年である。

カテゴリ
最新記事
[ お願い ]
世界一周ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。