スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲントで再会ホームステイ!(再会!)【今、君に会いに行きます!】

2013.12.06

今日は再会の日だ。

これで、4人目の外国女性との再会だが、

なぜだか、こういう時は、いつも落ち着かない。

ひょっとして、電話がかかってくるかもしれないと思い、

オランダで買ったSimカードを入れた、タブレットの電源を入れた。

そして、すぐに電波が受かっていないのに気がついた。

オランダで買ったSimカードは、やはりオランダでしか使えないのだ!

ベルギーでも使えるのか、フランスでも使えるのか、

何度も何度も確認して、アムステルダムのテレフォン・ショップで買ったのに!

あわててベルギーの女性に、iPhoneの電話番号をフェイス・ブックで連絡した。

彼女と話す必要がある場合は、高い国際電話料金がかかるが、

しかたないとあきらめた。


その後、朝食を同室の日本の大学生と一緒にとり、

再会時間の夕方5時半までは、だいぶ時間があるので、

チェックアウトしてから、ブリュッセルの市内観光に、二人で出かけた。


まずは、定番の小便小僧だ。

DSC_0463.jpg

クリスマス用の司祭の衣装なのか、はだかでないので、すこし拍子抜けした。
それに思ったより小さい。
DSC_0464.jpg

すぐ近くに、ワッフルを食べている小便小僧がいた。
DSC_0465.jpg

それから、小便少女を見に行った。
こちらは生々しい。
そのため、アップの写真はやめときます。
DSC_0479.jpg

その後は、ぶらぶらしながら、ワッフルを食べにいったり、

ムール貝を食べに行ったりした。

そして、少し早いが2時過ぎにホステルに戻った。

そして、若者に、機内モードだと、GPS機能が有効にならないので、

地図アプリが使えないという話をしていると、

Google Mapsを、機内モードでも使えるようにする方法を教えてくれた。

彼も、どこかのホステルで一緒になった中国の若者から教えてもらったそうだ。

そうこうしている内に4時半になったので、少し早いがホステルを出た。

20分もあれば、待ち合わせの駅に着くはずなのに、駅すら見えないので、

通りすがりの、地元の青年に道を確認すると、ぜんぜん検討はずれの方向に

歩いていた。

待ち合わせの事情を説明して、駅が見えるところまで、連れて行ってもらった。

ほんと、この方向感覚のなさがつくずくいやになる。


待ち合わせ場所と思った駅の広場に、やっと着いたのが5時15分。

5時25分になっても、彼女は現れない。

5時30分になっても、現れない。

5時35分になっても、現れない。

不安になって、Google Mapsで位置を確認すると、どうも場所が違うような気がして、

通りかかったカップルに、彼女からのメッセージを見せた。

すると、ここではなく、もっと大きな広場があり、自分たちもそこへ行くからということで、

彼らについていった。

5時45分になっていた。

でも、彼女は来ていない。

5時50分。

不安な気持ちが少し強くなり始めたとき、

薄暗がりの中から、彼女がにこにこ顔で現れた。

そして、どちらからともなく、再会のハグ。

不安を抱いたことを打ち消すかのように、すこし強めのハグ。


以上


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

リアルタイムは、トウキョウなう!

11月29日に、
羽田から旅立ち、

12月26日に、
フランス、オランダ、べルギー三か国の再会旅から、
再び羽田に戻ってきました。

ちょっと胸キュンとなる、
フーテンのたけさん的な旅でしたが、

オランダ、ベルギーの二か国が新たに加わり、
旅した国は、これで67カ国になりました。


2014.1.8
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

世界一周ブログランキングに参加していますので、
次の世界一周バナーのクリックを、
よろしくお願いしますm(_ _)m


スマホの方はPC版(PCビュー)に変換後クリック!

  ↓↓↓↓↓
  にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

ポイントがアップするのは、
一日につき、1回だけです。


☆☆クリックすると、
僕以外の世界一周旅行者のブログで、
僕とまったく違った、
役に立つ旅情報や宿情報、そして、
素敵な記事や写真が見られます☆☆


スポンサーサイト

ゲントで再会ホームステイ!(前日)【今、君に会いに行きます!】

2013.12.05

前日にメールで、6日夕方に、ベルギーのブリュッセルで、会おう。

詳細は、もう一度連絡する、というメールがベルギーの女性から届いていた。

そのため、今日はオランダのロッテルダムから、ベルギーのブリュッセルに、

移動すればいいだけである。

ブリュッセルの宿はまだ決めていなかったが、

Hostelling International Cardを作ってもらったので、

ブリュッセルでも、これが使えるホステルをネットで見つけておいた。

ここロッテルダムのホステルで朝食を食べ、チェックアウト、ぎりぎりまで、

ギタレレを小さな音で、練習した。

そして、12時にこのホステルを出た。

来るときはトラムで来たが、今度は市内観光がてら、

コロコロを引っ張りながら、駅まで行くことにした。

一度、道を確認しただけで、すんなり駅に着いた。


駅でブリュッセルまでのチケットを買おうとすると、

直通列車はなく、一度乗り換える必要があるという事だった。

駅のホームで、列車が到着するまで少し時間があり、

プラットフォームの端っこで、タバコに火をつけようとしたが、

なかなか点かないのを見ていたひとりの女性が、彼女のライターで、

火をつけてくれた。

少し話を聞くと、オランダ人の姉妹で、ブリュッセルまで行くというので、

列車が到着すると、一緒に車内に乗り込んだ。

一人は痩せてて、もう一人は少し太めで貫禄があったので、

あなたがお姉さんですかと聞くと、まったく逆であった。

日常はオランダ語をしゃべるが、外国の人には、普通に英語がでてくる、

という話だった。

ブリュッセルまで、何の心配もなく行けることに安心して、

話が途切れると、うとうとしてしまった。

乗換駅で、肩をたたかれて起こされたので、

そのまま彼女たちについて行って、別のプラットフォームで、

別の列車に乗り換えた。

その後は、お互い、あまり話をすることもなく、

列車はブリュッセルに夕方到着した。

”サンキュウ”といって、彼女たちと別れた。


コロコロを引きながら、ホステルがあると思われる方向に歩き始めた。

いつものことだが、駅から15分くらいのところにあるはずのホステルに、

30分歩いても到着しない。

結局、何人もの人に道を聞いて、最後は親切な青年が、ホステルまで、

連れて行ってくれた。

いくつになっても、方向感覚が良くならない。

iPhoneのオフライン地図を使えば、問題なくホステルにつけるはずなのに、

いつかは手ぶらで旅したいと考えるこの男は、それを使おうとしない。

そのため、宿につくまでは、毎回右往左往の繰り返しである。


ホステルの受付で一泊分のお金を払って、部屋のキーを受け取り、部屋にはいった。

中には誰もいなかったが、一人すでにいるようで、

しかも、「地球の歩き方」が、ベッド横のテーブルの上にのっかっていた。

そのため、どんな日本人と同宿なんだろうと思った。

通常は、日本人がいないホステルに泊まることが多く、

日本人と同宿とわかるとなぜか不安になってしまう。

それは、言葉がわからず、知らんふりをすることができないからかもしれない。

ホステルの食堂でお金を払って食事をして、部屋に戻ると、日本の若者が一人いた。

大学生で、ヨーロッパの短期旅行だという。

少し話をした後、今日が再会までの最後の夜なので、

了解を取り、ギタレレを練習し、彼に、

明日の夜に聞かせるつもりの歌を聴いてもらって、

彼にも、ギタレレにサインをしてもらった。

明日は一緒に行動しようという約束をしたあと、

彼は、疲れているということで、先に寝てしまった。

しかし、この男は、なぜか寝付けず、ホステルの地下にあるバーで、

タバコを吸いながら、時間をつぶしていた。



毎回、この男の旅は、初心者以下の旅だが、

懲りずに、それが旅の醍醐味だと思い込んでいる。



以上

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

リアルタイムは、トウキョウなう!

11月29日に、
羽田から旅立ち、

12月26日に、
フランス、オランダ、べルギー三か国の再会旅から、
再び羽田に戻ってきました。

ちょっと胸キュンとなる、
フーテンのたけさん的な旅でしたが、

オランダ、ベルギーの二か国が新たに加わり、
旅した国は、これで67カ国になりました。



2014.1.7
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

世界一周ブログランキングに参加していますので、
次の世界一周バナーのクリックを、
よろしくお願いしますm(_ _)m


スマホの方はPC版(PCビュー)に変換後クリック!

  ↓↓↓↓↓
  にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

ポイントがアップするのは、
一日につき、1回だけです。


☆☆クリックすると、
僕以外の世界一周旅行者のブログで、
僕とまったく違った、
役に立つ旅情報や宿情報、そして、
素敵な記事や写真が見られます☆☆



ゲントで再会ホームステイ!【今、君に会いに行きます!】

2013.12.04

ベルギーのゲントで、ベルギー人のカップルに再会する日が6日夕刻。

女性の方から、フェイス・ブック以外の連絡手段はないの、と言われ、

iPhoneだと、電話代が高くつくと思い、

タブレットがSimフリーで、電話もかけれるので、

Simカードを購入した。

購入時、ベルギーでもフランスでも使用できるか確認して、Simカードを買った。

このタブレットで本当に、電話がかけれるか確認したくて、

日本女性から、このタブレットに電話をかけてもらったり、

逆に、タブレットから女性のに、電話をかけさせてもらって、

タブレットの電話機能に問題がないことを確認した。

それから、ベルギーの女性に、タブレットの電話番号を、

フェイス・ブックで連絡した。

この日、ロッテルダムに移動予定だったが、電車の時刻までに、

少し時間があったので、飾り窓の女を見にいった。

アムステルダム中央駅の近くで、旧教会の一角にあるのだが、

午前中に行ったので、人どうりも、飾り窓の女性も、少なかった。

どういう経緯で、ドラッグやこうした女性が合法になっているのだろう。


この男は、中学時代の修学旅行や部活遠征の宿泊先の目の前が、

こうした場所であることが多かったので、通りに面した部屋に宿泊していると、

先生から、夜は、窓を開けるなと言われていたが、

好奇心から、こそっと覗き、みょうに興奮したことを思い出した。

日本も、昔は、温泉街に行くと、こうした場所がどこにもあり、違法だが、

警察もほとんど取り締まらなかった。


駆け足で飾り窓を見て、ホテルの部屋に戻った。


韓国の青年はもう一泊するというので、

再会を約束し、

いろいろ面倒をおかけした、日本女性にお礼を言ってから、

コロコロバッグを引きずり、中央駅に行った。


そして、電車に乗り、ロッテルダムに着いた。

宿は、韓国の青年が、アムステルダムに来る前に、ここで、ホステルに泊まった、

ということで、そこに泊まることにしていた。


駅に着いてから、歩いてホステルまで行こうとしたが、

雨が少し強くなってきたので、トラムで行くことにした。

最寄駅で降りたが、ホステルはすぐ近くにあり、一風変わった外観、

幾何学模様、そうサイコロがいくつも並んでいるような建物だった。


ホステル協会の会員証を日本に置き忘れてきたので、少し余分にお金を払ったが、

目の前で、新たに会員証を発行してくれた。


ドーミトリータイプの部屋は、誰もいなかったが、何人か先客がいる感じであった。

ロッテルダムでは、駅の近くで、食料を買い、ATMでお金をおろす以外は、

ホステルで、ギタレレの練習をし、

夕食もここでとった。

旅の初めは、オランダで風車を見ようと考えていたが、

ギタレレ優先で、風車はあきらめた。

ベルギー人の女性の目の前で、少しでもうまくギタレレを弾き語りたいという、

気持ちがだんだん強くなっていた。


約1年間、ギター教室とボーカル教室に通っていたことがあったが、

もう数年前の話だ。

止めて数か月もたつと、素人の自分に戻っていた。


以上


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

リアルタイムは、トウキョウなう!

11月29日に、
羽田から旅立ち、

12月26日に、
フランス、オランダ、べルギー三か国の再会旅から、
再び羽田に戻ってきました。

ちょっと胸キュンとなる、
フーテンのたけさん的な旅でしたが、

オランダ、ベルギーの二か国が新たに加わり、
旅した国は、これで67カ国になりました。


歳のせいかテニスの疲れがとれないので、昨日はマッサージに行きました!

2014.1.7
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

世界一周ブログランキングに参加していますので、
次の世界一周バナーのクリックを、
よろしくお願いしますm(_ _)m


スマホの方はPC版(PCビュー)に変換後クリック!

  ↓↓↓↓↓
  にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

ポイントがアップするのは、
一日につき、1回だけです。


☆☆クリックすると、
僕以外の世界一周旅行者のブログで、
僕とまったく違った、
役に立つ旅情報や宿情報、そして、
素敵な記事や写真が見られます☆☆


アンネと二人のジャパニーズ・エンジェル!(4)【今、君に会いに行きます!】

昨日はフランスから来た友人と、夜6時から渋谷で軽く食事をした。

厳密に言うと、二人とも、フランス人ではないが、

フランスで10年以上生活をしていて、生活の基盤がそこにある。

そのため、それぞれの母国語、英語、そしてフランス語が堪能である。

そして、僕たちは英語でコミュニケーションをとったが、

日本で外国の人と再会するというのは、初めてのいい経験であった。


去年知り合った、ブロガーの内、語学留学中のものがいれば、

語学留学、ワーホリを計画しているものもいる。僕は、国内で英語を勉強し、

2011年からのホステル一人旅で、昨年あたりから、

やっと英語で楽しく旅できるようになったが、

語学留学が、かれらのその後の人生を豊かにするきっかけに、なってくれればと思う。




2013.12.03

僕の記憶が不確かなため、僕に良く似た男の話にして、記事を書いてます。

自分でも変だと思いつつ・・・


さて、この日は9時頃から韓国の青年と一緒に朝食をとった。

部屋に戻ると、韓国の青年の了解をとって、男はギタレレを取りだし、

弾き語りの練習を始めた。

ひとしきり練習をしてから、この男は、韓国の青年に、

日本語の曲を2曲演奏するから、感想を聞かせて欲しいと頼んだ。

半分お世辞も入っているかもしれないが、

なかなかいいよ、と言ってくれた。


すこし自信をつけたこの男は、ギタレレを持って、全員が食事を終えた後の、

食堂へ行き、日本女性にも2曲聞いてもらった。

古い日本のフォーク・ソングだけど、日本語がわからない外国人の前で、

歌うと、より新鮮に聞いてもらえると思うと言ってくれた。


気を良くしたこの男は、記念に、彼女と韓国の青年にギタレレにサインをしてもらった。

そうこうしている内に3時を過ぎ、

この男は、アムステルダムの観光をまったくしていないことに気づき、

アンネ・フランクの家だけは行こうと決め、ホテルから出た。

地図を持たないこの男は、道行く人何人もに、道を確認しながら、

アンネの家にたどり着いた。綺麗なビルになっていた。

予想に反して、一人も並んでおらず、すんなりと、入場料を払って、中に入った。


昔、昔、新卒で入社したとき、英文日記を書こうと思い立ち、

アンネの日記を英語版で、読んだ記憶がよみがえってきた。

途中からは、日本語版で読んだかもしれない。

そんな思いでもあって、ゆっくりと見て回った。


この日の夕食は、昨日と同じ店で、韓国の青年と一緒にとった。

部屋に戻ってからは、韓国の青年は、ずっとスマートフォンをいじっていたが、

男は、地酒をちびりちびりとやりながら、夜遅くまで、ギタレレを弾いていた。


以上

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

リアルタイムは、トウキョウなう!

11月29日に、
羽田から旅立ち、

12月26日に、
フランス、オランダ、べルギー三か国の再会旅から、
再び羽田に戻ってきました。

ちょっと胸キュンとなる、
フーテンのたけさん的な旅でしたが、

オランダ、ベルギーの二か国が新たに加わり、
旅した国は、これで67カ国になりました。


昨日のテニスの疲れがとれません!

2014.1.6
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

世界一周ブログランキングに参加していますので、
次の世界一周バナーのクリックを、
よろしくお願いしますm(_ _)m


スマホの方はPC版(PCビュー)に変換後クリック!

  ↓↓↓↓↓
  にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

ポイントがアップするのは、
一日につき、1回だけです。


☆☆クリックすると、
僕以外の世界一周旅行者のブログで、
僕とまったく違った、
役に立つ旅情報や宿情報、そして、
素敵な記事や写真が見られます☆☆


アンネと二人のジャパニーズ・エンジェル!(3)【今、君に会いに行きます!】

昨日は、フランスから来た友人と、新宿の寿司屋でランチしました。

それから、東京都庁の展望台まで行きました。

はじめて展望台に行ったのですが、

こういうことがないと、自分からは行かないですよね。

友人の一人は、GO->世界のるーさんに続く、二人目の再・再会でした!

しかし、日本で、特に寿司屋で、外国の人と英語で会話するのは大変です。

特に、僕は、魚が苦手で、お寿司が苦手なため、英語でうまく説明できませんでした。

江戸前寿司、薄味のお吸い物、光り物のこはだ、等々、

英語でなんていうか良くわからないし、

そのそも、味になると、食べたことのないのがほとんどで、日本語でも説明できません。





2013.12.02

僕に良く似た男の話に戻りますが、

この男は、今回の旅が観光目的ではないので、この日本女性に興味を持ち、話しかけた。

この日本女性は、ホテルの関係者ということで、十年以上、ここアムステルダムに住んでいる、

という事だった。


1か月以上、日本を離れたことのない、この男には、10年以上も海外で生活する、

といった気持ちや精神的苦労、それを乗り越え、明るく、強く生きるといったことは、

想像すらできない。

そうしたことにすごく興味があったが、この男は、年齢や、出身、

なぜここに十年以上も住んでいるのか、いっさい聞かなかった。


彼女からの話で興味を引いたのは、

英語力もなく女ひとり旅、から始まり、

独学で、英語、オランダ語を覚えた。

そして、今では、韓国の青年と同様に、

コーヒー・ショップでドラッグを吸って、

地元の警察に保護される日本の若者が、たくさんいて、

彼女が、無料の通訳として呼ばれる回数が、1年に50回以上あるということだった。

そうしたことを含め、ちゃんとあいさつできる日本の若者が、

以前と比べ、減ってきたという事だった。


この男は、何を思ったか、

この女性に、今日、ギタレレの弾き語りの練習をするから、

明日、一度、聞いて欲しいと頼んだ。

了解が得られたので、

この男は、このホテルにあと二泊することにした。


韓国の青年とは、夕食を共にする約束をして、

韓国の青年が外出したあとも、

この男は、一人部屋に閉じこもり、ギタレレの練習をしていた。


6時を過ぎても、青年が戻ってこないので、

この男は、1時間ほどホテルの近くを散歩し、酒屋で、ジンに良くにた、

アルコール度数が高い地酒を買って帰った。


部屋に戻ると、青年も戻ってきていたので、近くのレストラン、

と言うより、カフェ・バーに近いところに行った。

青年の話によると、約3か月、無計画にヨーロッパを旅行して、

韓国の地元である、大邱に戻るという事だった。

ゆくゆくは、親の仕事を引き継ぐということだった。

僕の方が、かなり年配だからか、ビールの注文から、料理の注文まで、すべて

彼がやってくれた。

この男は、日本の今時の若者よりも、韓国の若者の方が、一緒に旅がしやすい、

と思った。


外国で出会う韓国の若者は、この青年に限らず、みんなこの男にフレンドリーであった。


今度、又、韓国に行くときは、大邱に行って、〇〇ゲストハウスに泊まるつもりだ、

とこの男が言うと、自分はその近くに住んでいるということで、

韓国の大邱で再会しようということになった。


以上





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

リアルタイムは、トウキョウなう!

11月29日に、
羽田から旅立ち、

12月26日に、
フランス、オランダ、べルギー三か国の再会旅から、
再び羽田に戻ってきました。

ちょっと胸キュンとなる、
フーテンのたけさん的な旅でしたが、

オランダ、ベルギーの二か国が新たに加わり、
旅した国は、これで67カ国になりました。


今日は、久しぶりのテニスだ!

2014.1.5
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

世界一周ブログランキングに参加していますので、
次の世界一周バナーのクリックを、
よろしくお願いしますm(_ _)m


スマホの方はPC版(PCビュー)に変換後クリック!

  ↓↓↓↓↓
  にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

ポイントがアップするのは、
一日につき、1回だけです。


☆☆クリックすると、
僕以外の世界一周旅行者のブログで、
僕とまったく違った、
役に立つ旅情報や宿情報、そして、
素敵な記事や写真が見られます☆☆


アンネと二人のジャパニーズ・エンジェル!(2)【今、君に会いに行きます!】

2013.12.01

僕に良く似た男が、コロコロを引きながら、アムステルダム、

夜のメインストリートらしきところに現れた。


寒いうえに、霧雨が顔にまとわりついてくるので、

さっそく適当なホテルを見つけた。

受け付けがある2階へと、狭い階段を、コロコロを片手で持ち上げて、

引きずるように、上がっていった。

ハイ・シーズンではないし、ここなら値段も高くないだろう。

男は、とりあえず様子見で、ドーミトリーに一泊したい旨を告げると、

今日は、ドーミトリー部屋には、日本人が一人だけ泊まっていると言われた。

ドーミトリータイプの部屋は3階なので、コロコロを片手で持ち上げ、

再び引きずるようにして、3階まで上がり、

どんな日本人だろうと思いつつ、部屋のキーで、入り口のドアを開けた。


すると、そこには、日本人に良く似た、明らかに韓国人と思われる青年が、

焦点が定まらない眼で、僕を見つめていた。

”ハーイ”と、言っても、無反応で、その青年は、昼間の服装のまま、

ベットに倒れこみ、寝てしまった。

僕に良く似た男は、荷物をベッド横に置くや、すぐさま受付に戻り、

この時間でも開いている近くのスーパーを、教えてもらって、外出した。

人通りも少ないし、ホテル近くの店もほとんど閉まっていたので、

この時間、スーパー開いているだろうかと、不安に思いつつ、歩いていくと、

道路の反対側に、そのスーパーを発見し、

コーラとサンドウィッチとウォッカを買って、再び、部屋に戻ってきた。


すると、韓国人と思われる青年は、男が部屋を出たときの状態のまま眠っていた。

よく見ると、彼のベッド横の窓がすこし開いていて、この男は少し寒いなと思ったが、

自分のことよりも、この青年のほうが少し心配になった。


この部屋は禁煙かと思って、室内を見渡すと、

この青年が使ったと思われる、灰皿が壁にくっついている2段の棚の、

上側にあったので、それを取ってきて、ベッド横の床に置いた。

サンドウィッチをコーラで流し込むと、男は一服した。


やはり、少し寒かったので、青年のすぐ横の道路に面している窓を閉めた。

男は、部屋の明かりを消して、ベッドにもぐりこんでも、

やはり少し寒いので、起き上がってベッドに腰掛けた。

そして、ウォッカをちびり、ちびり飲みながら、たばこを吸っていると、

眠くなってきたので、毛布をかぶって寝た。




2013.12.02

翌朝、少し寒くて目覚めると、まだ6時で、朝食までだいぶ時間があるため、

ベッドから抜け出し、着替えて、昨日来た道を逆にたどり、

アムステルダム駅まで戻り、モーニング・コーヒーを飲んだ。


部屋に戻ってみると、青年は、意識が戻ったかのようで、

男に、彼の方から、”おはよう”のあいさつをしてきた。


青年の話によると、昨日、コーヒーが飲みたくて、

コーヒー・ショップに行くと、そこでは、合法ドラッグが吸えるらしく、

彼も、ためしに、すこし吸ってみたら、それ以降ずっと意識が朦朧としていた、

ということだった。


青年と話をしている内に、空腹を感じてきたこの男が、朝食を食べようと、

二階のカフェ的な食堂に、入っていくと、そこには、

明らかに、観光客ではないと思われる、日本人とおぼしき女性がいた。


この女性が、僕に良く似た男の前から、10年前、突然姿を消した、恋人だった。







なんてことは、まったく、ありえません!!!


以上



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

リアルタイムは、トウキョウなう!

11月29日に、
羽田から旅立ち、

12月26日に、
フランス、オランダ、べルギー三か国の再会旅から、
再び羽田に戻ってきました。

ちょっと胸キュンとなる、
フーテンのたけさん的な旅でしたが、

オランダ、ベルギーの二か国が新たに加わり、
旅した国は、これで67カ国になりました。


昨日は、久々の、フィットネスで疲れたー!

2014.1.4
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

世界一周ブログランキングに参加していますので、
次の世界一周バナーのクリックを、
よろしくお願いしますm(_ _)m


スマホの方はPC版(PCビュー)に変換後クリック!

  ↓↓↓↓↓
  にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

ポイントがアップするのは、
一日につき、1回だけです。


☆☆クリックすると、
僕以外の世界一周旅行者のブログで、
僕とまったく違った、
役に立つ旅情報や宿情報、そして、
素敵な記事や写真が見られます☆☆


アンネと二人のジャパニーズ・エンジェル!【今、君に会いに行きます!】

2013.12.01

夜の7時頃だろうか、

僕に良く似た男が、コロコロバッグを引きずりながら、

寒そうに、アムステルダムの駅から出てきた。


この日、この男は、朝の7時頃に目覚め、

それから、久しぶりにシャワーを浴びた。

すっきりした顔で、シャワー室から出てきたが、この男が旅の間に洗濯しているのを、

見たことがある人間はほとんどいない。

古くなった下着類を、いつも旅にいくつか持ってきていて、汚れるとそれを廃棄し、

別のに取り替えているから、いつも清潔だというが、はなはだ疑わしい。


8時から朝食をいただき、すこしのんびりしてから、

11時頃になって、

僕の知らない世界の扉を開けに、のえーぢ君に良く似た男から、

頼まれた荷物を預け、宿をでた。

最寄駅までコロコロバッグを引きずりながら歩いて行き、

そこから、メトロを乗り継ぎ、パリ・北駅に着いた。

駅のメイン・ホールのような場所まで来ると、周りを見渡したが、

どこで切符を買うのかよくわからない。

警官を見つけ、アムステルダムまでのチケットを買いたいのですが、

と言うと、親切にも、その警官が、その場所まで連れて行ってくれた。


この男、すぐにチケットを買うと思いきや、

窓口の女性と長々と話し込んでいるようである。

話の内容は良くわからないが、

ぜひ、日本に観光に来てください・・・とか、

今は、円安だから日本に来るいい機会です・・・

とか、言っているようである。

窓口の女性も話好きのようで、最後に、

これで、あなたと私は友達ね・・・とか、言っているようである。


そして、チケットと彼女の電話番号を書いたメモを・・・


とはいかず、チケットだけを渡してくれた。


出発時刻までは、少し時間があったので、この男は、外でタバコを吸ったり、

マクドナルドで、時間をつぶしていた。

ようやく出発時刻が近づいてきたので、ホームに行き、列車に乗り込むと、

列車は、静かに動き出した。

アムステルダム駅までは乗り換えもなく、終着駅なので、

この男は、外をぼんやり眺めているうちに、安心したのか、

うつらうつらしはじめ、やがて、列車は、アムステルダム駅に到着した。


この男が駅から外に出たときは、もう暗く、おまけに小雨がちらついていた。

さあ、これからホテルを探そうというわけだが、

駅の右手に行こうか、左手に行こうか、悩んでいた。

この男は、折り畳み傘をいつも携帯しているのだが、傘が濡れるのがイヤで、

めったなことでは、傘を使わない。そのくせ、人の傘にはすぐ入りたがる。


雨にぬれないようにして、駅の右端の駐輪場近くまで来て、

日本語で、”さあどうしよう!”とつぶやくと、

背後から、”日本の方ですか?”と言って、

白いフードに、白いダウン・ジャケットを着た小柄な日本女性が、

自転車を押しながら、突然現れた。


”ホテルをこれから探したいのですが”と言うと、

ホテルがある通りまでの、行きかたを親切に教えてくれた。

この男は、もう少し話を聞きたかったが、

この日本女性は、ここに住んでいて、急いでいますので、

と言って、自転車に乗り、小雨降る闇の中に消えていった。


そして、この男は意を決し、コロコロを引きずりながら、

この日本女性が教えてくれた方へ、歩き始めた。


以上



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

リアルタイムは、トウキョウなう!

11月29日に、
羽田から旅立ち、

12月26日に、
フランス、オランダ、べルギー三か国の再会旅から、
再び羽田に戻ってきました。

ちょっと胸キュンとなる、
フーテンのたけさん的な旅でしたが、

オランダ、ベルギーの二か国が新たに加わり、
旅した国は、これで67カ国になりました。


今日から、フィットネス・クラブ通いだ!

2014.1.3
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

世界一周ブログランキングに参加していますので、
次の世界一周バナーのクリックを、
よろしくお願いしますm(_ _)m


スマホの方はPC版(PCビュー)に変換後クリック!

  ↓↓↓↓↓
  にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

ポイントがアップするのは、
一日につき、1回だけです。


☆☆クリックすると、
僕以外の世界一周旅行者のブログで、
僕とまったく違った、
役に立つ旅情報や宿情報、そして、
素敵な記事や写真が見られます☆☆


初体験!日本人専用宿!【今、君に会いに行きます!】

2013.11.30

朝7時半。

僕に良く似た男が、二段ベットから降りて、居間に現れた。


昨夜、この宿に着いて、居間に入った時、6、7人の日本人の若者が、

テーブルを囲むように座って、ワインを飲みながらワイワイと話をしていた。

軽く、こんばんわ、のあいさつをして、

荷物を部屋に置くと、すぐに、この居間に出てきて、置いてあるソファーに腰かけた。

話をじっと聞いていると、ワーホリ絡みの話で盛り上がっていた。

この男は、ワインを少しもらうと、しばらくは、黙って話に耳を傾けていた。

ときどき、話題がこの男に振られるが、ワーホリは未経験のため、

話をうまく合わせられない。

一人用のソファーにギブスをして、座っていた女性がいたので、

その方と話を始めた。ワーホリで南フランスに部屋を借り、

そちらに移動する日に、ここのらせん階段から落ちて足首を痛め、

静養中という事だった。

この宿は、11時消灯ということで、突然、お開きということになった。


昨夜は、そんな状況で、宿になじめないうちに、ベッドで寝た。


朝起きた時には、周りに一人の外国人もいないという状況にも、

なじめないでいた。


朝食は、8時から9時までということで、

大きめのお椀に、ごはん、数種類の中華風の惣菜、

納豆をのせ、もうひとつのお椀に味噌汁を入れ、テーブル席で食べた。


朝食後、いろいろ話を聞いていると、20人近くが宿泊していて、半数以上が、ワーホリで、

来ている人たちだった。短期、中期、長期の宿泊とさまざまだった。


数名の方たちは、グループで日帰りで、ベルサイユ宮殿に出かけていった。


気がつくと、残っているのは、この男と後数名だった。


この時点でも、これからの旅の予定が決まっていないので、この男は、パリ見物にでかけず、

宿で、地球の歩き方を見ながら、夕方まで悩んでいた。


結局は、明日の午後、オランダのアムステルダムまで移動することに決めた。


夕食は、7時から8時ということで、朝食に似た惣菜をごはんにのせ、その上にカレーをかけ、

さらに餃子を5,6個のせ、味噌汁と一緒に頂いた。


この時間には、この宿に大半の人がいたが、みんな忙しそうで、この男は、

みんなと何を話したか、よく覚えていない。


この日まで、この男は、オランダ、ベルギー、フランス、アイルランド、

とモロッコにいくつもりだったが、詳細な計画が立てられず、

アイルランドとモロッコに行くのをあきらめてしまった。


ちょうど、この日チュニジアでホテルを経営しているという、日本の女性が宿泊していて、

泊まるときは、宿泊費を半額にしてくれると言われ、

来年のいつかチュニジア、モロッコ、イギリス、アイルランドを、

約3週間かけて旅をしようと、この男は、頭を切り替えていた。


海外に出かけて、

日本人専用の宿に宿泊するのも初めてだが、

日本語しかしゃべらない一日というのも、この男には初体験だった。


予約してなかった、この男は、この日はベッドから追い出され、

11時になると、テーブルをかたずけ、そこに薄いふとんのようなものが5人分敷かれ、

その一つに入って寝た。


この男が、この夜いびきをかいたかどうかは、定かでない。


以上



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

リアルタイムは、トウキョウなう!

11月29日に、
羽田から旅立ち、

12月26日に、
フランス、オランダ、べルギー三か国の再会旅から、
再び羽田に戻ってきました。

ちょっと胸キュンとなる、
フーテンのたけさん的な旅でしたが、

オランダ、ベルギーの二か国が新たに加わり、
旅した国は、これで67カ国になりました。


今年は、どんな旅になるのかな?
すべては、ダイエットの結果次第という事か!?

ああ、夢のグルメ旅!!!


2014.1.2
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

世界一周ブログランキングに参加していますので、
次の世界一周バナーのクリックを、
よろしくお願いしますm(_ _)m


スマホの方はPC版(PCビュー)に変換後クリック!

  ↓↓↓↓↓
  にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

ポイントがアップするのは、
一日につき、1回だけです。


☆☆クリックすると、
僕以外の世界一周旅行者のブログで、
僕とまったく違った、
役に立つ旅情報や宿情報、そして、
素敵な記事や写真が見られます☆☆



パリも5度目なら!【今、君に会いに行きます!】

2013.11.29

僕に良く似た男が、入国審査を終え、コロコロバッグを引っ張りながら、

シャルル・ド・ゴール空港から、いそいそと外に出てきた。


とりあえず、タバコを一服しながら、考え込んでいた。

あれ!日本人宿の最寄駅の名前はなんだっけ?

いくら考えても思い出さないので、男はパリの中心部まで行こうと思った。

でも、パリの中心部はどこだっけ?

この男が空港から出てくると、いつもこんな調子である。

この男、パリはこれで5度目にして、これである。

これから、この男は、いつもの如く、いきあたりばったりの質問攻めである。

いわれるままに、空港を行ったり来たりしている内にオペラ座行のバスに乗った。

バスが終点のオペラ座についた時は、夜の8時を過ぎており、

かなり暗いし、雨がしとしと降っていた。

とりあえず、タバコを一服しながら、最寄駅を思いだそうとしていた。

考えてもキリがないと、メトロの駅に行こうとしたが、周りを見渡しても、

それらしきものが見えない。

メトロの駅はどこにありますか?の質問をしていると、3人目の若い女性が、

メトロの駅が見えるところまで連れて行ってくれた。


メトロの駅について、メトロのマップをながめていても、思い出さない。

ただ、この男はこの状況でも、あわてている様子がない。

予約している訳ではないから、最悪は近くのホテルに泊まればいいや!!!

いいかげん、よく言えば適当!これがこの男の強みかもしれない。

そうこうしていると、

そこでモン・サン・ミッシェル日帰りの若い日本人女性二人と出会い、

マップも見ながら、少ししゃべっている内に、最寄駅を見つけた。

何駅か一緒に乗り、乗り継ぎ駅で別れ、やっと最寄駅に着いた。


さて、ここからが最後の一苦労である。

出口が一つではないからだ。

出口を間違えると、宿まで片道約20分、往復でなんだかんだで、

一時間が無駄になる。

運が良けりゃ、運が良けりゃと言いながら、一つの出口から陸上に出て、

コロコロバッグに、ギタレレのバッグをひっかけ、もう一つのバックを背中に担ぎ、

暗い夜道を、霧雨の中、歩き始めた。

”右手の、一階が中華!”と何度も言いながら、20分後くらいに、

それらしき建物を見つけた。

今度は、”中華の二階!”と言いながら、入り口らしきところを見つけた。

らせん階段を上がり、看板もなにもない入り口のブザーを、

ここでいいのかな?予約していないけど大丈夫かな?

と思いつつ、押してみた。

中から、日本人らしき中国人の方が、流ちょうな日本語で、この男を、

迎え入れてくれた。

二泊したいと言うと、今日はベットが開いているけど、

明日は満員で、床に寝るのでもいいですかと言われ、

それで、いいですということで、ここに二泊することになった。


こうして、旅のベテランの男の長い、長い一日が終わった。


以上

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

リアルタイムは、トウキョウなう!

11月29日に、
羽田から旅立ち、

12月26日に、
フランス、オランダ、べルギー三か国の再会旅から、
再び羽田に戻ってきました。

ちょっと胸キュンとなる、
フーテンのたけさん的な旅でしたが、

オランダ、ベルギーの二か国が新たに加わり、
旅した国は、これで67カ国になりました。


今年は、どんな旅にしようかな?

2014.1.1
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

世界一周ブログランキングに参加していますので、
次の世界一周バナーのクリックを、
よろしくお願いしますm(_ _)m


スマホの方はPC版(PCビュー)に変換後クリック!

  ↓↓↓↓↓
  にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

ポイントがアップするのは、
一日につき、1回だけです。


☆☆クリックすると、
僕以外の世界一周旅行者のブログで、
僕とまったく違った、
役に立つ旅情報や宿情報、そして、
素敵な記事や写真が見られます☆☆



プロフィール

 たけ

Author: たけ
タオル、焼き鳥、ゆるキャラ”バリーさん”の今治生まれ。2010年に韓国ドラマにはまり、チェコのプラハにひとり旅。中国女性とドラマのような旅を経験し、それ以来、いったりきたりの、海外ひとり旅。テニスが好き、YUI, SUPERFLY, K-POPが好き。最近は福原美穂をよく聴く、おっちょこちょいの万年青年である。

カテゴリ
最新記事
[ お願い ]
世界一周ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。